硬さ選びは慎重に行ってマットレスを選ぶことが大切

マットレスの硬さが合っていないと、朝目覚めたときに腰が痛くなっていることがあります。

人によっては寝始めてすぐに痛みを覚えて寝返りばかりしてしまうなど、安眠を阻害してしまいます。低反発が人気になっていますが、使用しているベッドによっては合わない場合があるため注意して選びましょう。高反発のほうが無理なく寝返りできる人もいるので、選ぶときには実際に試してみることが大事です。あまり体に負荷がかかるマットレスだと腰だけでなく、肩や首に背骨などまで痛めてしまう懸念があります。体のコリがひどくなり、めまいや耳鳴りなどの体調不良として現れてしまうことも多いです。

朝にスムーズに起きられず、体のあちこちでバキバキ音が鳴るようならマットレスの交換も検討してみましょう。普段から姿勢が悪い人は、寝ているときに体重のかかり方が一点に集中することが多いです。猫背がひどい人は特に首から腰まで負担がかかりやすいので、寝具選びは慎重に行ったほうが良いです。

安いものであればすぐに買い替えもできますが、マットレスは安くても1万以上しますから、自分の体に合っているものをしっかりと選んで購入しましょう。寝具販売の専門店に行くと、寝ているときの体重のかかり具合を調べられる測定器を持っている場合があります。計測結果を元にしてスタッフにおすすめを教えてもらえば、失敗せずに選ぶことが可能です。長年使用していると劣化して優れたマットレスの機能が失われるので、寝心地が悪くなってきたら買い替えたほうが安眠に繋がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *