マットレスの比較で重要となる体圧分散性

マットレスは人間が横たわるときに、床の上に置いてクッションの働きを持つ存在です。

人間が横たわった場合、寝返りをしないと同じ部分に体の重みがかかり続け、それによって負荷がかかることでその部分に痛みや疲労を感じる場合があります。腰痛の原因は、無理に体圧を腰にかけ続けたことで起こるものです。もっともマットレスにも様々なタイプの物が存在しますが、その中でも比較すべきポイントには体圧分散性に優れているか否かとなります。この体圧分散性は、マットレスの種類によって違いが存在することも多く、それを比較すると大きな違いがあることに気が付くはずです。

その際に鍵を握るのは、寝た時にマットレスに接触する面積がどのくらいになるかを見ることが必要になります。接触する面積が広ければ広いほど、体を支える重みをその面積分だけ分散させることができるので、それによって腰などの部分一ヵ所にかかる負担を軽くすることが可能です。近年はマットレスの接触面積を測定する機器が存在し、それをグラフィックな画像で見ることができるようになっています。

つまり様々な商品を比較することも容易にできるようになり、それによって性能を知ることができます。従来の比較の仕方は、店頭などで寝てみてその時の寝心地を大事に選択されてきましたが、数値でその良さを証明されていることもあり、長く使い続ける上での参考にすることも可能です。腰痛に悩まれている方は、体圧分散性に優れた商品を選択することがポイントで、実際に使い続けることで腰痛が解消できたとの声も存在します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *