水上バイクは後ろの席であればだれでも乗ることが出来ますが、操縦するときには特殊小型船舶免許が必要です。小型船舶免許というとなんとなく難易度も難しそうで、詳しい知識と技術が求められるのかと思われがちではありますが学科はとても簡単です。基礎的な海のルールとマリンマナーなどですが、1日の講習で試験というぐらい簡単です。合格率も高いですし1度でとれてしまう方がほとんどです。

認定されている教習所であれば試験が免除になるという1級2級の小型船舶免許もありますし、教習所を選ぶ時には色々と比較をして検討をすることが大事なポイントです。もしこれから水上バイクに乗りたいということでしたら、まず後ろの席に乗せてもらうアクティビティーを利用する事から始めていきましょう。後部座席は家族連れにも人気のアクテビティですし、バナナボートを選ぶとそれを引っ張るのも水上バイクですので、疑似的な感覚で体験することも出来ます。沖縄などで行われていますし、海の綺麗な所で体験するとそれは一生ものの思い出になります。

自分で操縦する際には水上バイクが必要になりますが、購入する場合は2~300万円です。その費用が出せたとしても、メンテナンス費用であったりコンスタントにかかるお金もありますので、それを考慮して購入するか検討してください。レンタルを使うことも出来ますし、その方が実は便利だったりしますし頻度にもよりますがレンタルもお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です