免許が必要な乗り物は自動車やバイクだけではありません。ボートなど小型船舶の操船をしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。小型船舶を操船するためには、小型船舶免許の取得が必要です。小型船舶は、総トン数20トン未満の船舶を指します。

そして、水上バイクやジェットスキーを乗るとなると別の免許も必要です。2級の小型船舶免許では、海外から5海里・約9キロメートル以内を航行できます。釣りやクルージングを楽しみたい人に向いているといえます。満16歳以上で取得できますが、18歳に達するまでは5トン限定の制限が付くことも知っておきましょう。

この制限は18歳になると解除されます。2級の小型船舶免許を取得するには、まずは知識が必要になるので学科講習を受けることになります。それから、正しい操船方法を知るためには、実技を学ぶ必要もあります。実技講習では実際に船に乗り正しい操船方法や点検方法、ロープワークなどについて学んでいきます。

講習が終わったら、いよいよ国家試験に挑戦します。国家試験では学科試験や実技試験が行われます。身体検査に合格することも大事ですので、視力検査などもあります。学科講習はスクールで受けることもできますが、オンラインで学ぶことも可能です。

船舶免許には国家試験免除のコースもあり、国家試験に変わる修了審査に合格すれば免許を取得することができます。講習のあとはその場で審査を受けることができるので、移動の手間もありません。小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です