マリンレジャーが多くの方の間で流行となっており、各地の海に繰り出して満喫をされている方も多くなりました。以前は水上スコーやバイクなどでしたが、今ではご自身でライセンスを取得して船舶を操縦する方も多くなっています。船舶免許は大きくわけて3種類に分類をすることができ、そのうちの小型船舶免許に人気が集中をしています。そこでここでは、小型船舶免許の概要と可能となる行動についても解説をしていきましょう。

まず小型船舶免許では2メートル以下の全長と、20ノット以下のエンジンを備えた船舶を操縦することが可能です。たとえば湾内で漁をなさっている方が乗っている船が該当をしており、レジャーだけでなく漁業にも従事をすることができます。20時間の実技講習、15時間の学科のみで取得をすることができ、日本では16歳以上であればどなたでもライセンスを獲得することが可能です。レジャーのために手に入れるのに向いており、国土交通省では2009年から規制緩和をしてミニボートならネット通販でも買い求められるようになっています。

小型船舶免許を手に入れることで叶えられるのは、釣りです。昨今ではマリンレジャーのブームも後押しとなったことで、若い女性も釣りをなさる方が増えました。防波堤や磯でも獲物を釣り上げることはできますが、船で沖合にでればさらに大物を狙うことも可能です。小型船舶免許はいろんな活用法のある画期的なライセンスといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です