医療業界でもよくあるファクタリングとは

category01

ファクタリングとは企業に代わって代金の回収を行う債権買取業のことだと知っている人も多いですよね。

買取の際に手数料を徴収することで債権が不渡りになった場合、危険負担金をファクタリング会社が負うといった仕組みになっています。

ファクタリングの最新情報が知りたい方にはこちらです。

これを利用することで企業側も、共倒れの危険がなく回収する必要もないといったメリットがあります。

実はこのファクタリングが医療業界でも使われているということを知っているでしょうか。医療機関では国民保険や社会保険に対してファクタリングが行われます。
まず医療機関が個々の保険に対して請求する債権を購入し、現金化します。これには介護報酬や調剤報酬も含まれています。医療機関の診療報酬は支払いまで2か月かかるためこのことによって、診療報酬を一度に手に入れることができます。



そのため手元資金を厚くすることができるといったメリットがあります。

ただしこの場合取引銀行が資金繰りの悪化に気づいてしまうといったデメリットがあります。



しかもこの方法は将来の資金を先食いするため中止することも難しく、中止するためにはそれなりの資金も必要になってきます。


本来医療機関は診療報酬がコンセプトに入ってくるため、よほどの赤字経営にならない限り資金が必要になることはありません。
もし自分の勤めている病院がファクタリングをするかもしれないという状態になった場合は一度、専門家に相談して経営の立て直しを図ることをお勧めします。

ファクタリングをもっと知る

category02

医院を開業する場合には、開業前ばかりでなく開業後もしばらくは金銭的に厳しい状況が続くことが多いものです。特に初めて開業する人は開業して患者が増えれば報酬が得られるので問題は無くなるのではないかと考えがちですが、なかなかそうはいかないばかりか、患者に薬剤を投与したり施術を行ったりして労力を使用したりしても、その費用が掛かるばかりで報酬はすぐには入ってこないものであるため、その期間を乗り切ることが重要になります。...

subpage

ファクタリングについての考察

category02

ファクタリングといった場合に、一般によく用いられているサービスとしては、一括ファクタリングとよばれるものが挙げられるでしょう。これは、企業間の取引などによる、まだ支払いの時期が到来していない売掛金などの債権を、ファクタリング事業者がいったん購入して、これと引き換えに現金を支払うというもので、すみやかに手元の現金を増やしたいというニーズがある場合には、たいへんつごうのよいしくみであるといえます。...

subpage

ファクタリングをよく学ぶ

category03

企業間の取引などによる売上債権をもつ場合には、一括ファクタリングや保証ファクタリングといった方法を用することができます。一括のほうについては、まだ回収できる期日に至っていない売上債権を業者に譲渡するかわりとして、キャッシュを受け取ることができるというしくみのことをさしています。...

subpage

ファクタリングを身に付けよう

category04

ビジネスをする時に重要なことは、手元に多くの資金を持っておくことです。特に医療関係で開業したばかりの時は、そのような資金を持っておかないと色々困ることになりやすいです。...

subpage