異なるタイプのファクタリング

企業間の取引などによる売上債権をもつ場合には、一括ファクタリングや保証ファクタリングといった方法を用することができます。

即日のファクタリングの詳細は専用ホームページで紹介しています。

一括のほうについては、まだ回収できる期日に至っていない売上債権を業者に譲渡するかわりとして、キャッシュを受け取ることができるというしくみのことをさしています。
債権の回収前であっても、人員を雇ったり、設備を増強したりといったことがらのために、すぐにでも手元にキャッシュがなければならないという事態はあるものです。

こうした場合にファクタリングのしくみを利用すれば、本来回収できる期日よりも前にキャッシュを得ることができるので、かなり経営が楽になるといえます。

もちろん、あらかじめ審査を受けた上で、利用できるかどうかがきまりますので、すべての場合に利用できるとは限りませんが、ふつうに銀行などから融資を受けるのとは違って、売上債権という裏付けがありますので、どちらかといえば審査が極端に厳しくなるようなことはないはずです。
また、保証ファクタリングというのは、売上債権の保証をしてもらうためのしくみであって、たとえば既存の取引先が倒産してしまう可能性に備えたり、新規の企業との取引を開始するものの信用力が未知数であるといった場合などに、業者に保証をしてもらうことで、安心して取引ができるというものです。



このように、タイプによって目的とするところが異なりますが、どちらの使い方もできるということは押さえておいたほうがよいでしょう。