一括ファクタリングサービスとは

ファクタリングといった場合に、一般によく用いられているサービスとしては、一括ファクタリングとよばれるものが挙げられるでしょう。


これは、企業間の取引などによる、まだ支払いの時期が到来していない売掛金などの債権を、ファクタリング事業者がいったん購入して、これと引き換えに現金を支払うというもので、すみやかに手元の現金を増やしたいというニーズがある場合には、たいへんつごうのよいしくみであるといえます。

この形態のなかにも、いくつかの種類があり、たとえば、三者間取引とよばれるものは、事業者が債務者である企業に対して、購入した債権にもとづき、直接的にその金額を後で請求するものです。しかし、できれば取引先の企業とのかかわりは避けたいというニーズもあることから、これとは別に、二者間取引というものも行われています。

おすすめのファクタリングについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

二者間取引の場合には、あくまでもファクタリングを依頼した企業と引き受けた事業者との間だけで完結するかたちになっており、支払いの期限が到来して債務者の企業から実際に支払いが行われて債権が回収されれば、回収した企業がこんどは事業者に対して支払いをすることになります。



また、ここでは企業間取引の売掛金が例となっていますが、債権というのはかならずしもこうしたものばかりでありません。



たとえば、介護報酬や診療報酬などといった、債務者となる相手が国民健康保険や社会保険であるような場合もあり、同様のしくみで現金化が図られることがあります。