定年退職を迎え、多くのサラリーマンが燃え尽き症候群のようになってしまいます。退職後に家で何をして余生を過ごせばいいのか、見当もつかずむしろ無気力になってしまうのです。特にサラリ^万で出世して成功を収めた人はこの症候群に陥りやすく、うつのようになってしまうことも珍しくありません。家にいて引きこもってばかりいると、妻も鬱陶しい態度をみせ居場所もありません。

このようなくらい老後を迎えないためには、何か趣味を持ち自分の世界を持っていることが大事なのです。例えば大自然が好きな人であれば、マリンレジャーやマリンスポーツを炭にするのも良いでしょう。海に繰り出し、ダイビングやシュノーケルを日課にするのも良いといえます。こうした趣味に没頭すると、より欲求がわいてきてさらに海を満喫しようと船の操縦をしたくなってきます。

船の操縦には小型船舶免許が必要になるのです。するとその免許取得にまい進するようにもなっていき、毎日が生き生きと充実した日々を過ごせるようにもなってくるのです。小型船舶免許は、非常に難易度が高いように思われていますが実際はそうではありません。1級の小型船舶免許であっても、教習所のような学校に通い所定の学科と実技を習得してしまえば、国家試験免除で免許が交付されるのです。

船を操縦できると家族や友人を船に乗せてあげたり、一緒にダイビングスポットに行ったり、時には海釣りを楽しむことだってできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です