小型船舶免許は小型の船舶の種類や海の上で操縦できる範囲の違いによって、最も難易度の高いと言われるクルーザーなどの操縦が可能になる一級小型船舶操縦士と、一級小型船舶操縦士と比較すると出題範囲が少ないため少し難易度は下がるものの限られた範囲でクルーザーの操縦ができるようになる二級小型船舶操縦士、それから水上バイクなどが操縦可能となる若い人達にも人気の高い特殊小型船舶操縦士の3つの区分に分かれています。水上バイク免許やジェット免許とも呼ばれる特殊小型船舶操縦士免許は、海の上で颯爽と走る水上バイクや波に乗って進むウェイクボードを希望されている方におすすめの小型船舶免許となり受験資格は満16歳以上からとなっておりますから、特に学生や若い男性を中心に人気の高い免許となっています。ただし操船できる航行区域が湖や川の陸岸より2海里(約3.7キロメートル)以内に限られる特殊小型船舶操縦士免許では、ボートは操縦できませんのでクルージングをしたい場合は満18歳以上になってから、一級小型船舶操縦士もしくは二級小型船舶操縦士の免許を取得する必要がでてきます。水上オートバイ専用の小型船舶免許となる特殊小型船舶操縦士免許を取得するためには国家資格を受ける必要があり、視力検査などの身体検査の他に学科や実技に関するテストを受け合格しなければなりません。

ですので、国家資格を受けたい人は海の上でのルールや学科や実技を学ぶ必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です