船舶免許は船を操縦するために必要な資格で国土交通省が認めている国家資格です。操縦できる水域と船の種類で区別があり、もっているとマリンレジャーの幅が広がります。船舶免許の種類は3つで、1級小型船舶操縦士を取得すると、24m未満のプレジャーボートと20トン未満の小型船舶を操縦できます。操縦水域は無制限ですが、沿海区域の外側80海里を超える場合には6級海技士以上の有資格者の乗船が必要です。

取得できる年齢は18歳以上です。2級小型船舶操縦士は、操縦できる船舶は1級と同じですが水域に制限があり、海岸から5海里までと決められています。取得できる年齢は18歳以上ですが、16歳以上18歳未満の場合は5トン未満の船舶に限定した免許を取得することができます。この場合、18歳の誕生日を迎えると自動的に一般的な免許に更新され、更新時に制限のない免許が発行されます。

特殊小型船舶操縦士は、水上バイクを操縦するための免許です。湖岸と海岸から2海里までの水域で操縦でき、取得できる年齢は16歳以上です。船舶免許の更新ですが、有効期間は交付された日から数えて5年と定められており、期間満了の1年前から更新することができます。内容は身体検査と更新講習会の受講で、船舶を操縦するために身体に不都合がないかどうかをチェックします。

項目は視力と聴力、身体機能の障がいの有無で、障がいの程度は質問や観察によって判断されます。有効期限が切れた場合は新たに免許を発行してもらう必要があります。資格は生涯有効なので失効再交付講習を受講すれば再交付してもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です