船舶免許を取得するにあたり、船舶免許の教習所と言うところが存在しています。もし船舶免許の教習所に通う場合には、どのような勉強法を考えた良いでしょうか。多くの人は、その時間内に集中して勉強するかもしれませんが、賢い人はずっと集中しているわけではありません。例えば、ロシアと日本が戦争したときに非常に賢い人が海軍にいましたがその人は常に成績がトップでした。

もともとの頭の良さもあるかもしれませんが、勉強方法が非常に特殊で普段は寝ていたそうです。授業中にも関わらず寝ていたわけですが、それでも学年で1番の成績を収めたと言われているわけです。なぜその人は、授業をよく聞かずに成績が良かったかと言えば、大事なポイントを見極める力が非常に優れていました。ここで言う大事なポイントと言うのは、先生がここは出題するといったところは必ず覚えると言うことです。

先生によって言わないケースもありますが、優れた先生ほど大事なポイントを丁寧に説明してくれます。直接言わないまでも、なぜか力が入っている部分や声が大きくなる部分に関しては、そこを敏感に感じ取りその部分を集中して勉強します。そうすると、少なくとも80点位はそれで計算です。つまり簡単に80点は取れると言うことになるわけです。

残りの20点に関しては、細かい部分の積み上げになりますが概ね80点を取ることができれば少なくとも船舶免許には合格できるでしょう。このようにすることで、無駄のない勉強方法が確立できると同時に、時間の節約にもつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です