海でボートに乗って釣りを楽しんだり、クルージングをしたりする場合は船舶免許が必要になります。この免許のことを小型船舶免許、またはボート免許とも呼んでいます。もちろん船やボートだけでなく、水上オートバイを楽しむ時も免許が必要になります。ここでこれらの免許について説明しましょう。

まず外洋をはじめとした、すべての海域を航行できる1級免許があります。そして沿岸と呼ばれる、岸から5海里までの海域を航行できる2級免許です。この2級免許が、船舶免許の中では最も一般的です。それ以外には水上オートバイを操縦するための水上バイク免許、湖でバスフィッシングをする時に必要な湖川小出力限定免許があります。

船舶免許は国家試験を受けて取得します。そのためには講習を受けるか、あるいは自分で勉強をして試験に備えることになります。ただ国家試験では、ボートや水上オートバイを使った実技試験が行われますので、実技だけは講習を受ける人もいます。また、国土交通省に登録されている登録小型船舶教習所で講習を受けると、修了試験が国家試験の代わりになります。

受験には年齢制限があり、1級の場合は試験日前日までに17歳9か月、それ以外の免許の場合は、やはり試験日前日までに15歳9か月になっていなければなりません。それから試験には学科と実技以外に身体検査があり、視力と色覚と聴力が検査されます。また身体機能に障害がある人でも、操縦に支障をきたさなければ船舶免許を取得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です