船舶免許といっても様々な種類のものに分かれますが、その中でも特殊小型船舶免許を取得することで操縦できるものが水上バイクです。水上バイクはパーソナルオーダークラフトなどとも呼ばれていますが、水流男ジェット噴射することによって進む法ものです。1人乗りや2から3人乗りの2種類に分かれています。文字からもわかるように、水の上をバイブのように颯爽と走るスピード感が魅力であり、これは体験した人にしか間違うことができない醍醐味と言えるでしょう。

水上バイクは特殊小型船舶免許を取得することにより、老若男女問わず手軽に楽しむことができます。自動車で牽引することもでき、クルーザーなどの大型船舶に積むこともでき、行動範囲も広がります。モーターボートと比べた場合には、本体も比較的安い値段で購入することができ、保険屋維持費等もリーズナブルであるため、マリンスポーツ初心者として、多くの人が特集船舶免許を取得する傾向にあります。水上バイクを操縦する際には、ウェアやライブ風ジャケットなどを着用することになりますが、様々なメーカーから個性豊かなデザインのものが発売されています。

独特のデザインはファッション性も高いので、注目を浴びているとも言えるでしょう。特殊小型船舶免許を取得したからといって、自由に水上バイクを運転しても良いかと言うと、それは判断が難しくなります。水上バイクの魅力でもあるスピード感、操縦性などが他にはない危険を含んでいるため、ルールを守りながらモラルを保ち、安全な操縦を心がけることが大切です。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です