船舶免許取得方法にはいくつかの種類がありますが、それぞれの方法にはメリットもデメリットもあり、費用も大幅に異なります。それぞれの取得方法の特徴や、どれぐらいの費用がかかるのかをしっかりと押さえておきましょう。まず最初に独学でかかる費用についてですが、2級小型船舶免許の場合には2万5900円、2級小型船舶免許であれば1万8950円となります。どちらも3万円以内で受験をすることが可能であり、1級と2級の受験料の差額はたったの3000円ほどです。

独学の場合には、自分で勉強を行うことになるので、教本を購入したり郵送日、合格した際の免許を発行する際に必要な登録免許税が必要となります。それを考慮したとしても、トータルで4万円ほどで取得できる点は非常にありがたいことです。次に免許スクールでかかる費用ですが、2級は6万5000から9万円、1級は7万5000から10万円ほどです。スクールにより金額には大きなばらつきがあります。

金額だけでは判断できない部分も多いので、口コミや評判などを検索した上で、それを参考にすることも1つです。最後に登録小型船舶教習所の場合には、2級が8万5000円から11万円、1級は9万5000円から12万円です。登録小型船舶教習所は短時間で効率よく、確実に免許を取得することができます。その分費用は高くなるでしょう。

短期間のうちに確実に免許を取得したい場合には、費用がかさむものの1番最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です