特殊小型船舶免許は水上バイク免許と言われることも多く、水上バイクとジェットスキー以外は操縦することができません。またその他の小型船舶免許は、20トン未満の船舶を操縦することができますが、水上バイクとジェットスキーは操縦することができないものとなっています。これを混同してしまうことも多いため、取得をする際には十分に注意をすることが必要です。これらを混同してしまう原因は、自動車の免許と非常に呼び名が似ており、自動車の免許の仕組みと勘違いしてしまうことが多いためです。

自動車の免許は多くの人が取得しており、また実際に利用している人も多いので非常に身近なものとなっていることから、船舶免許も同じような分類になっていると勘違いしてしまう人も多いものです。特に自動車の小型特殊と船舶免許の特色または名称が似ているため、その分類も同じようになっていると思い込んでしまう場合が少なくありません。自動車の小型特殊は耕運機などの特殊車両を運転することができるものですが、これは普通自動車免許を取得すると運転することができる仕組みとなっており、そのために小型特殊を運転したい場合でもこれを取得せずに普通自動車の免許を取得することが少なくありません。普通自動車の免許を取得することで小型特殊を運転することができるためですが、船舶免許の場合には一級や二級を取得しても、特色が他の水上バイクやジェットスキーを操縦することができないため、この点に注意が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です