船舶免許は、種類によって操作できる船の大きさや航行できる範囲が異なります。1級・2級・特殊の3種類に分類され、2級は航行区域によって2種類に分かれています。1級は20トン未満の小型船舶及び20トン以上で長さ24メートル未満のプレジャーボートの操縦が可能で、航行範囲に制限はありません。スポーツフィッシングや外洋のセイリングを楽しみたい人に向いています。

2級は20トン未満の小型船舶及び20トン以上で長さ24メートル未満のプレジャーボートと1級と同じサイズのボートの操縦ができますが、航行範囲は5海里以内に限定されています。2級湖川小出力の免許は、5トン未満・出力15キロワット未満のエンジンのボートの操縦が可能で、航行区域は湖・川のみです。特殊は水上オートバイの操縦ができ、航行範囲は2海里以内です。2級は釣りやクルージングを楽しみたい人、2級湖川小出力の免許は湖や川での釣りをしたい人に向いています。

ただし、船舶免許には受験基準があるので注意が必要です。船舶免許の受験可能年齢は1級が満17歳9か月以上、それ以外は満15歳9か月以上から受けることができます。しかし、その年齢で試験に合格しても、免許を取得できるのは1級が18歳になってから、それ以外は16歳になってからになります。また、視力も0.5以上必要で、夜の灯火が識別できなければなりません。

年齢だけでなく、身体的な基準が定められているので事前に確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です