船舶免許といっても様々な種類のものがありますが、どの免許を選んだとしても、様々なマリンスポーツを楽しめるようになるでしょう。1級小型船舶免許、2級小型船舶免許では、航行できる区域に大きな差があるますが、多くの人が免許を取得するにあたり、遠くまで公開できる方が良いのではないかと考えることでしょう。しかし試験の難易度にも差があり、勉強に費やせる時間や費用等をしっかりと把握した上で、自分に合う免許を選ぶことが望ましいです。1級と2級の船舶免許を取得することにより、まず第一に海釣りができるようになります。

自分のペースで楽しめるようにと、狙いたいものはどの会議に多いのか、どのようなスタイルのフィッシングを楽しみたいのかを考えた上で、必要な免許を選ぶようにしましょう。1級となるとそうだ可能な距離が無制限であるため、大海原に出て大物を狙いたい、世界の海で釣りを楽しみたいと言う人には特にオススメです。2級免許の場合には、海岸から約9キロメートルの範囲で操縦ができるようになります。湾内や入江等において気軽に釣りを楽しんだり、少し沖に出て回遊魚を狙う等の場合にはお勧めです。

そして同じく1級と2級ではスノーケリングやダイビングもできるようになるでしょう。船を操縦することができれば、自分の好きなポイントに向かい、存分にダイビングができます。ビーチからではなかなかたどり着けないようなスポットに出かける、離島へ行って観察するなど、ボートがあるからこその醍醐味を堪能することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です