船舶免許と一口に言っても、実は大きく4つの資格があります。資格によってできることや扱える船舶が異なりますので、間違わないように目標を定めましょう。まずは2級船舶免許ですが、沿岸区域で20トン未満の船舶を操縦できます。16歳から受験資格がありますので、船舶操縦の入口的な資格です。

これが20トン未満は同じですが、海域の制限がないのが1級船舶免許です。より遠くに出られるので、海の醍醐味を実感できます。ただ2級よりも知識のジャンルが広く必要ですので、知識の向上は欠かせません。次に水上バイクに乗る際に必要になる免許の特殊小型船舶免許です。

実は1級と2級の免許だけでは、水上バイクは乗ることができません。別途、この資格が必要になります。逆にこの免許だけでは、ボートや船舶は操縦できませんので注意が必要です。最後4つ目が2級(湖川小出力限定)操縦士免許です。

船を出せるのが川か湖と限定はされます。加えて5トン未満の制限もつきます。主な使う場面としては湖川での釣りが多いです。自分の思い通りに場所を移動できたりして、メリットは多いので人気もあります。

このように種類もあり、利用目的や条件も異なります。自分の目的に合わせて資格対策をすることで、必要なことは細かに身につけ、無駄がない対策もできます。船舶免許は対策が肝心で、決して難易度が格段に高いわけではないので、まずは計画を立てて知識とスキルを身につけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です