海や湖で船や水上バイクを操縦するときは船舶免許が必要です。船舶免許を取るには所定の学科講習と実技講習受けて国家試験に合格する必要がありますが、マリンレジャーを楽しみたい、もっと充実させたいと考え散る場合はもっていると趣味の幅が広がります。船舶免許は大きく分けて3つの種類があります。航行できる水域による違いですが、全ての水域で船を操縦できるのが1級船舶免許です。

2級は水域が限られており、特殊小型船舶免許は水上バイクに限定された免許です。これらの免許を持っていることで得られるメリットは自分のペースでマリンレジャーが楽しめることです。中でも海釣りを趣味にしている人は、乗り合いの釣り船を利用するのが一般的ですが、免許を持っていると自分のペースで釣りたい魚のいる海域に行って好きな時間釣りを楽しめます。船をチャーターする必要がありますが、親しい仲間を誘って割り勘にすれば費用を節約することができます。

また釣りだけでなく旅行先でマリンレジャーを自由に楽しむことができるのもメリットです。家族と一緒にクルージングを楽しむ、季節に応じて釣りたい魚のいる海域に旅行して海釣りを楽しむ一方、観光もするなどいろいろアレンジでききるのでいつもとは違った旅行になります。また海に関する知識が増えることも免許を取得するメリットだといえます。海図の読み方や潮の流れなど、日常生活では馴染みのない知識に触れることができるので教養としての知識の幅が広がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です