船舶免許は企業等が行っているスクールや、船舶振興団体など国の関連機関が行うスクールで取得することができます。これらのスクールでは基礎から船舶の操縦方法や守らなければいけない法規等を学習することができ、確実に免許を取得することができるのがポイントです。しかしすでに船舶の知識や海上の知識がある人にとっては、数日間の講義や教習の時間を無駄に感じてしまうと言うことも少なくありません。基本的には船舶免許はこれらのスクールで基礎から様々な技術や知識を学び、またその節目で行われる検定試験に合格して初めて取得することができるものです。

これらの技術や法規は船舶を操縦する上で重要なものであり、安全を確保する上でも必ず履行しなければならないものとなっています。したがって一般的にはこれらのスクールを受講する以外に免許を取得する方法はなく、また既に技術を持っている場合でも、これを再認識するとともに最新の法規を理解し、遵守することが重要であるため、必要不可欠なものと考えられます。その一方で船舶免許は試験で所定の成績を修めれば取得することができるものとなっており、自動車の運転免許と同じように試験場で実技試験と学科試験に合格することで取得できる道もあります。既にこれらの技術は知識を持っており、スクールに通う時間がもったいないと言う場合にはこの方法を選択することもできますが、実際にはその試験は非常に難しいものとなっているほか、高い技術がなければ合格することができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です