自動車の運転免許証を持っている方なら、五年に一度の割合で更新のために最寄の警察署などに行った経験があることでしょう。免許とは一度取得したらずっとそのままでいられるものではなく、定期的に更新しないと失効してしまうことになります。船舶免許も同様に期限があり、更新のために決められた会場へ行く必要が出てきます。では、それは具体的にどこで行えばいいものなのでしょうか。

やはり運転の免許である以上は、自動車と同じように各都道府県の警察署でそういう会場を設けてくれると考えていいのでしょうか。船舶免許の更新に関しては、警察署ではなく免許試験を行っている教習所などが会場として使われることが多いです。もちろん警察署と比べると数が少なく、住んでいる場所によってはかなり遠くの会場まで足を運ぶ必要が出ます。その代り、更新できる時期の開きが自動車と比べるとかなり長いというのが船舶免許の特徴です。

自動車の運転免許が自分の誕生日の前後一ヶ月のみとなっているのに比べ、船舶免許は期限が切れる一年前から更新が可能となっています。これらの会場で講習を受けることによってまた五年間免許を更新できるようになります。ただし、ここで注意しなければならないのは免許の期限が来る時期です。自動車の免許だと誕生日が常に基準となっていますが、船舶免許の方は取得した時からの五年間となっているのが特徴です。

この部分でうっかり勘違いをすると失効してしまう恐れがあるので、この部分の違いだけは常に頭に入れておくことが重要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です